地球にやさしい都市づくりをめざして──丸の内熱供給株式会社は、21世紀の都市環境を守るエネルギーシステム、地域冷暖房を提供しています。

街と歩む、街を支える。

内幸町

供給区域は、東はJR線、南は外堀通り、西は東京地下鉄の霞ヶ関駅、北は帝国ホテルに囲まれた総面積約26.5haのエリアです。内幸町センターでは冷水と蒸気を供給しています。第一ホテル東京に冷房専用サブプラントを設置しており、冷水と温水の供給を行っています。
供給延床面積は約85万m²に及びます。

地域配管

日比谷シティを中心とした区域には冷水および蒸気を、地下鉄駅舎には冷水を、日比谷通りの東側には蒸気を、第一ホテル東京の周辺ビルへはサブプラントより冷水および温水を供給しています。日比谷通り地下の横断洞道の深さはGL-30mにも達しています。

項目 設備概要
地域配管  総延長:約3,700m
冷水管径:650A~80A
蒸気管径:400A~80A
還水管径:150A~40A
温水管径:65A
項目 設備概要
洞道  総延長:約600m
工  法:シールド、開削
洞道寸法:2,200φ~2,000φ
1,400□~1,000□

供給先一覧

ビル名 供給開始年月
富国生命ビル 昭和55年2月
幸ビルディング 昭和55年11月
みずほ銀行内幸町本部ビル 昭和55年12月
NTT日比谷ビル 昭和55年12月
日比谷国際ビル 昭和56年12月
内幸町ダイビル 昭和58年2月
日比谷セントラルビル 昭和58年6月
NBF日比谷ビル 昭和59年7月
内幸町平和ビル 平成元年7月
日比谷ダイビル 平成元年11月
第一ホテル東京 平成5年4月
ビル名 供給開始年月
プレスセンタービル 平成7年11月
新幸橋ビルディング 平成9年1月
千代田区立内幸町ホール 平成9年1月
東内幸町変電所 平成9年2月
西新橋スクエア 平成26年5月
東京地下鉄霞ヶ関駅(丸ノ内線) 昭和55年8月
東京地下鉄霞ヶ関駅(日比谷線) 昭和55年8月
東京地下鉄霞ヶ関駅(千代田線) 昭和55年8月
東京地下鉄日比谷駅(千代田線) 昭和60年6月
都営地下鉄内幸町駅(三田線) 平成4年7月
都営地下鉄日比谷駅(三田線) 平成6年6月
都営地下鉄御成門駅(三田線) 平成8年5月